脱毛体験談!湘南美容外科編

湘南美容外科体験談で感じたことを暴露!

女性にとってデリケートゾーンのアンダーヘア(vio)の脱毛は欠かせません。

 

しかし、「自分自身で処理するのか?」「エキスパートに任せるのか?」といった観点によって気に留めておくべきことが4つ見受けられますから、アンダーヘア(vio)の脱毛を受ける前にリサーチしておきましょう。

 

VIOはセルフケアではなくプロフェショナルに頼る

時代も変わって背中や脇の下だけではなく、アンダーヘア(vio)を自己処理できるアイテムが複数売られています。

 

  • 剃刀や電気シェーバーを用いてシェービングする
  • 毛抜きではみ出ている部分を抜く
  • 除毛クリームを使用する

 

こちらの方法で対処することが可能ですが、vioラインは傷つきやすい部位なのでセルフケアには慎重をきします。

 

陰部から近いのでデリケートな部位を剃刀で傷を負わせて炎症の元となっているケースがありますし、除毛剤や除毛クリームの中ではリスキーな材料が含有されていることも考えられます。

 

VラインやIラインならばまだしも、Oラインに於いてはあなたの目で見渡しながらお手入れが出来ません。アンダーヘア(vio)の脱毛は専門家にお願いしましょう。

 

脱毛サロンではvioラインに処置を施すハイジニーナ脱毛が行われ、2ヶ月〜3ヶ月に1回のペースで6回〜8回くらいの処置でむだ毛が減ってきます。

 

  • 自分で処理しなくて良いので肌を傷付けない
  • プロフェショナルな手によるムラなしの脱毛が望める
  • 長期間に渡って通えば永久脱毛に相当する状況を保てれる
  • サロンの中には得するキャンペーンサービスが実施されている

 

家庭用脱毛器でのアンダーヘアの脱毛を検討中なら、口コミはあてにせず、製造元側できっちりアンダーヘアに適応適応している脱毛器を買わなければいけません。

 

脱毛はできても、アンダーヘア未対応の機種が中にはありますので、そういうものでムリに脱毛すると、やけどをする事例も挙がっていますし、炎症で済む場合でも、最少でもその有様が治るまでは、ほかの方法での脱毛も控えなければいけませんので、未対応機種の使用は止めた方が良いです。

 

医療脱毛といえども、「へたくそなドクター」はいるかもしれない…」

 

という事です。

 

私は、自らが永久脱毛すると決めたら、あれやこれやと下調べをします。そして、その結果、湘南美容外科へ行く事にしたわけです。自分の場合、その他の医療機関を何軒か出向いてカウンセリングを実践して、ようやく湘南美容外科に決めたというプロセスでは無かった。

 

湘南美容外科と、田舎の医療機関の脱毛の脱毛の値段を検討すると、遙かに湘南美容外科の方がお手頃価格で、対比しようという思いにもなることはなかったというのが本当の理由です。

 

という事で、この他にカウンセリングに出掛けた体験もないから、クリニックでの永久脱毛(医療脱毛)に関しては、湘南美容外科の仕方がおそらく一般的なところだろうか?という印象でいました。

 

で、これはコレで当たりでしたので、結果は満足しています。

 

ありがたいことにこの辺まで間違いのないサービスと脱毛効果をゲットできていますが、あんまり腕のよくない、頼りない医療機関を選択してしまうと、しんどい事に結び付いてしまう懸念があるということです。

 

自分で処理するのではなくプロに脱毛してもらおうと決心した時点で、初めに不安になるのが医療脱毛とエステの脱毛、どちらの方がベストなのかということだと思います。

 

そもそも医療脱毛とエステの脱毛ってどこがどう違うのか?

と気に掛かっている方に、ここでは2つ相違点を把握しやすくお教えします。

 

可能であるなら医療機関での脱毛をお奨めしていますが、エステサロンによってキッチリとプロフェショナルなエステティシャンや専門家がいて、脱毛してもらえるサロンもあります。

 

実際のところピンキリなので素晴らしい人に当たるか、そうでないか、という観点からよく口コミでも噂になっています。そう考えれば美容外科でも変わらないケースがあると思います。医療脱毛とエステの脱毛の大きな違いは、その使用する脱毛器具にあるのです。

 

医療機関では従来のレーザー脱毛と言われる、強烈なレーザーを当てることで毛を蘇らせる細胞をぶち壊す、というアプローチで脱毛します。一方でエステでは、IPL脱毛やプラズマ脱毛といった光脱毛なる方法で処理をします。

 

医療機関にはお医者さんがいますから、仮に万が一なにかしらのトラブルに見舞われたとしても、即座に確実なケアができると思います。でも医師が存在しないエステでは、トラブルが起こっても早急に対応することは不可能です。

 

そういうことから、医療機関でよく使っているようなマシンを利用することが、国から承認されておりません。これについては脱毛を行なう立場から考えると、極めて大きな重要な点になります。
医療機関では器具がパワフルなのですから、威力がでるのも速くて、永久脱毛をすることだって可能だと思います。

 

言うまでもなく、脱毛が完了させるまでには各個人で差があります。即座に脱毛したい人が多いので、今後も脱毛サロンを選ぶ人は増していくと感じます。
加えて、必要に応じて使い分けをしていけば大丈夫です。ムダ毛をどうしたいのかによって、チョイスするものは変わっていくのです。

 

  • お肌や皮膚弱い人
  • むだ毛が濃い

など、状況に応じて医療脱毛が宜しいケースもあれば脱毛サロンが効果的な場合もあるのです。

 

設備は、お店や病院毎に異なっていますのできちんと確かめつつ、スタッフさんの態度なども見ておくことが賢明だと思います。評価の高い脱毛サロンや医療脱毛に携わっている病院ならば、設備が充分に揃えられておりまた入念なケアを心がけています。大阪で永久脱毛を検討されている人は必須です。